配当金のある生活

海外高配当株投資で配当金生活を目指します。

echo show5を買いました。

先日ふと、Boseストアに入りHome Speaker500で音楽を聴きました。

あまりの音の良さに感激して欲しくなりました。

私はよくアマゾンミュージックやオーディオブックを聴くことが多いのでスマートスピーカーがあれば良いなぁと思っていました。

帰ってから調べたところ、Boseでは今月下旬にディスプレイがないHome Speaker300が発売予定とのことでした。

32,400円という値段は何とか手が出る上限です。

ただ、6月に発売されたアマゾンのecho show5というモデルはディスプレイ付きで9,980円と格安でした。低音もしっかり出ているとの口コミがあり、価格以上の価値がありそうでした。

結局、使い勝手が良さそうなecho show5を経費で買いました。

Bose程ではありませんが低音が良く出ていて、スマホ(ファーウェイMate10Pro)のスピーカーとは大違いでした。

コンパクトな5.5インチサイズなので、置く場所に困らないのも気に入りました。

パソコンやタブレットのように、これから毎日活躍してくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

日経ヴェリタス

本日より日経ヴェリタスの購読を始めました。

3年くらい前にも定期購読したことがありますが、その時は一部550円でした。

現在は600円に値上げされています。

今回は割引率が一番大きい2年契約(45,800円)としました。一部あたり440円です。

購読特典として、日経CNBCのライブ映像が視聴できるのはちょっと嬉しいです。

以前、購読を中止した大きな理由は、固定費を極限まで削りたかったことがあります。

ただ現在は法人を持っているので経費で支払えばいいと考えました。

ヴェリタスは情報がコンパクトにまとめられていて、投資で使えるなという印象を持っています。

投資家なら読んでおいて損はないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナリーキャピタル(NLY)全株売却

昨日、NLYを$9.52で全株(6978株)売却しました。

$8台へ急落した後に反発したタイミングで手放すことにしました。

先日も書きましたが、NLYは私が保有している中で、一番多く資金を投入した銘柄です。

売却を決めた理由は、2018年の売上及び純利益の大幅減と、7月末に支払われた配当の減配です。

ここで、7月6日に書いたNLYに関する記事で数字に誤りがあったので訂正します。

ファーストレード証券からインタラクティブブローカーズ(IB)証券へNLYを移管した際、IB証券では平均建値$11.09で総額$77,386と記載されていました。

しかし、正しくは平均建値$10.89で自費を投入したのは$76047でした。

ファーストレード証券でNLYを購入した履歴を追ってみました。

2017年の3月から7月にかけて3回に分けて$76047を投じて、6,573株を保有しました。

その後、DRIP(配当自動再投資)機能を使って、2017年4月から2018年1月までに支払われた配当金($4,564)で自動的に購入された分が405株です。

自己資金が$76047で6,978株保有なので、平均建値は$10.89です。

2018年5月以降に受け取った配当金はDRIP設定しておらず、その合計は$12,002となります。

今回の売却益($66,430)とDRIPにまわしていない配当金($12,002)の合計が$78,432、これまで自費で購入したのは$76,047なので、辛うじて$2,385のプラスとなりました。

今回実感したことがあります。

それはいくら配当利回りが高くても、減配したり株価下落などがあれば、資産が目減りしてしまうということです。

実物不動産を持たないモーゲージリートはリスクが高いのはわかっていました。

やはり長期で持つ資産には向かないですね。

今後は増配傾向にある銘柄を中心に選びたいと思いました。

今回の売却で得た資金で下記銘柄の新規購入を狙っています。

 

 

Brookfield Property Partners (BPY) 

北米を中心に世界中に優良不動産を保有するリート。ハワイにあるアラモアナショッピングセンターを保有するGGP社を2018年に買収。

売上高は年々上昇していて配当金も増配基調です。

$15まで下がれば買いたい。

 

Centuria Industrial REIT (CIP.AX) 

オーストラリア上場の物流倉庫専門REIT

オーストラリアは今後、人口増加率がインドをも上回ると予想されています。人が増えれば物の動きも増えるので、物流倉庫はさらに重要になっていくと思われます。オーストラリアの銘柄では珍しく四半期毎に配当金が支払われるのも魅力的です。 

今年3月からずっと狙っています。これまでIB証券の口座で得た米ドルの配当金はオージードルに両替して、口座にはAUD10,000あります。チャートを見るとAUD/USDの為替レートが米ドル高になっているので、タイミングをみてまた両替したいです。

AUD2.6まで下がれば買いたい。

 

United Parcel Service (UPS) 

フェデックス、ドイツのDHLと並び世界三大貨物運送会社とされる。同じ米国企業のフェデックスと比べると時価総額は倍以上あり、売上高は同じくらいだが純利益、フリーキャッシュフロー共にUPSの方が圧倒的に大きい。どちらも年々増配しているが、UPSの方が利回りが高いのが特徴。

アメリカは先進国の中では珍しく、今後も人口増加が見込まれています。CIPと同じ理由で物流企業には魅力があります。

$63まで下がれば買いたい。

 

PIMCO Corporate & Income Opportunity Fund (PTY) 

様々な債権に投資し安定した配当を狙うクローズド・エンド・ファンド。ピムコの敏腕ファンドマネージャーであり「債権王」と呼ばれたビル・グロス氏が自己資金を投じていたことでも有名。

配当金は毎月支払われ、2006年10月から2012年4月までは1株あたり$0.115、それ以降現在まで継続して$0.13が分配されています。この安定した支払いに魅力を感じます。

$13まで下がれば買いたい。

 

株価調整の局面をじっくり待ちたいと思います。

 

追伸

11月17日のマネーフォワード主催イベント「お金のEXPO2019」が先行予約の受付をしています。私は昨年参加して、とっても有意義な時間を過ごせたので、今回も申込を済ませました。

また、以前申し込みをした「ハッピーマネーフォーラム」は、10月31日と11月1日の2日間とされていたのですが、東京は11月1日のみに変更されました。それに伴い、2,800円を返金してもらえることになりました。

11月はこの2つのイベントに参加して更にマネーリテラシーを向上させたいです。

 

 

 

 

 

 

7月の配当金、読んだ本

7月の配当金は以下のとおりでした。 

7/5   Westpac Bank $202.27(21,624円 TTB106.91円)

7/10 AB - Global High Yield Portfolio HK$275.79(3,728円 TTB13.52円)

7/11 Medical Properties Trust $419.33(44,952円 TTB107.20円)

7/12 Global X SuperDividend ETF $106.12(11,412円 TTB107.54円)

7/22 Allianz Income and Growth HK$334.49(4,485円 TTB13.41円)

7/31 Pattern Energy $204.67(22,030円 TTB107.64円)

7/31 Annaly Capital Manegement $1744.5(187,777円 TTB107.64円)

合計:296,008円

 

日経225オプション取引では24,180円の利益が出ました。

9C23750 @21(7/5)→@14(7/9) 2枚 利確13,612円

9C23750 @19(7/5)→@14(7/9) 1枚 利確4,895円

9C23750 @20(7/5)→@14(7/9) 1枚 利確5,673円

 

7月4日にブラジル銀行でのレアル定期預金で満期を迎えたものがあり、2434.81レアル(63,621円 TTB26.13円)の利子を獲得しました。

 

また、7月5日にはHSBC中国での人民元定期預金で満期を迎えたものがあり、16729.17元(257,461円 TTB15.39円)の利子を獲得しました。

 

以上、7月の不労所得は合計641,270円となりました。

 

毎月これくらい稼げれば言うことないですね。

今年に入ってからの不労所得は合計2,173,591円(平均310,513円/月)です。

 

7月に読んだ本 全9冊

すぐやる人は、うまくいく。

改訂版 210余年の歴史が生んだピクテ式投資セオリー

スイス人銀行家の教え

「おカネの天才」の育て方

お金の正体

暴力が支配する一触即発の世界経済

サラリーマン、刑務所に行く!

ツバサの脱税調査日記

マツダ 心を燃やす逆転の経営

 

 

 

 

 

 

 

ホームロースターが届きました。

4月にMakuakeから支援金17,000円を振り込んだのですが、ホームロースターがようやく届きました。

早速、一度に焙煎できる目一杯の量(60g分)の生豆をセットしました。

コンセントを差し込み、電源ボタンを押して、中煎りか深煎りどちらかのボタンを押すだけで焙煎がスタートします。

結構大きな音で豆が回転し、本体上部から熱が上がってきます。

薄い煙と焙煎の臭いが部屋に充満してきたので、換気が必要でした。

取説に書いてあるとおり、13分くらい経つと豆がはじけ、20分で完了です。

電動ミルで挽き、お湯を注ぐと、焙煎したての豆ならでは膨らみ方をします。

自宅焙煎のコーヒーは格別な味わいでした。

生豆の状態なら1年くらいは保存できるそうです。

自宅で焙煎したてを飲めるのは、コーヒー好きにとってかなり幸福度が高いです。

これから毎朝のコーヒータイムがさらに上質なものになりそうです。

 

追伸1

11時間程バスに揺られて、昨日の朝、キャンプから戻ってきました。

あいにくの天気でしたが、初日と2日目の昼過ぎまでは川遊びできました。

テントで3泊する予定でしたが、降り続く雨が漏ってきたため心が折れ、3日目の朝に撤収してホテルに逃げ込みました。

雨の中のキャンプは苦行に近いものがありますね。

オートキャンプは今回初めての経験でした。

いくつか反省点が見つかったので、来年に活かしたいです。

 

追伸2

HSBC中国の担当者からメールが来て、先日私が送ったCRSフォームを受け取ったので、ネットから定期を組むことができるようになったとのことでした。

さっそく22万元を金利2.75%で3年間預けることにしました。

今年12月には、156,853元を金利2.25%で2年間預けた分が満期となり、7,166元の利子を受け取ることになっています。

私は2010年から2012年にかけて合計665万円を送金して人民元に両替し、プレミア口座にアップグレードさせました。

プレミアの最低預金額は50万元です。

これまでHSBCデビットカードを使って、セブン銀行から30万円以上引き出していますが、口座は60.7万元まで増えました。

為替レートの変動とこれまで受け取ってきた利子により、日本円に換算すると1,000万円相当まで増えたことになります。

亡くなった親友の子ども達の学費が足りないなど不測の事態に備え、すぐ支援してあげられる体制をとっています。

また今後、中国はまだまだ発展すると思っているので人民元は持ち続けたいです。

 

f:id:natsukawaryou:20190722175554j:plain

ホームロースター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CRSフォームを提出しました。

今月5日で、HSBC中国での定期預金のうちの1つが満期となりました。

20万元を金利2.75%で3年間預けていたので、利子が16,729元(約257,000円)つきました。

再度、3年で定期を組み直そうとネットから操作したのですが、「Taxナンバーを提出してください」という画面が表示されて先へ進めませんでした。

中国の担当者にメールして提出すべきCRSフォームを送ってもらい、記入後EMSで発送しました。

海外の金融機関を利用していると度々、書類の提出を求められることがあります。

送料が2000円前後かかるし面倒ですが、資産保全のためには仕方ありません。

 

追伸

夜行バスに約11時間揺られ、もうじき到着します。

今回は、とある川の辺りでキャンプします。

今日明日は何とか川遊びできそうな天気です。

中国に住む子供達にとって、日本の綺麗な川での遊びは、一生の記憶に残ることになるでしょう。

私も気合い入れて遊んできます。

 

f:id:natsukawaryou:20190716191231j:plain

CRS 001

 

f:id:natsukawaryou:20190716191323j:plain

CRS 002

f:id:natsukawaryou:20190716191347j:plain

CRS 003

 

決算申告を依頼してきました。

税理士さんに領収書や配当金報告書などを手渡し、決算申告を依頼してきました。

売上が少ないので、年1決算を格安でやってもらっています。

仕訳帳の入力チェック及び修正も行って頂けるので安心感があります。

税理士さんは予めマネーフォワードクラウド会計を確認していたらしく「全体的にキチンと正確に入力されていますね!」と褒めてくれて嬉しかったです。

2期目の売上高は104万円となりました。

1期目が68万円でしたので36万円アップです。

法人でもオプション取引から利益(42,704円)を出せたので、100万円を突破できました。

今年は150万円を目標としていて、達成できれば来期から85,000円の役員報酬を出す考えです。

役員でも給与所得控除65万円と、基礎控除38万円が適用されるので103万円ギリギリまで支払った方が節税効果が高いです。

逆に社会保険料を抑えたいため、85,000円以上に設定するつもりはありません。

個人口座で受け取った配当金やオプション取引の利益については、どんなに稼いでも税金は20.315%で済みます。

とりあえず個人口座での稼ぎをもっと増やしていきたいです。

オプション取引にかかっています。

 

追伸

先日、満期を迎えたブラジル銀行でのレアル定期預金は、いま日本円に戻すと損してしまうので新規に2年で組み直しました。